仕入れ

電脳せどり ホームセンターの買い物ついでに仕入れについて

投稿日:


こんにちわ ぐっさんです!

本日はAmazonの自前物流構築について紹介します。

アマゾンの小売り事業を支える大事なパートナーは「デリバリープロバイダ」と呼ばれる地域限定の配送業者です。

宅配最大手のヤマトホールディングスが悲鳴をあげるきっかけとなった急増するアマゾン経由の荷物配送は、このデリバリープロバイダが担っています。

そしてアマゾンが始めたのが、「アマゾンフレックス」という新サービスです。

アマゾンが個人事業主のドライバーと直接業務委託して配送します。

2018年11月から東京都と神奈川県でサービスを展開し、現在は愛知県での募集を始めているようです。

アメリカでは2015年から始まり、日本を含め現在6カ国で展開しています。

アマゾンフレックスは軽バンなどの軽貨物車を保有している個人事業主を束ねるプラットフォームであり、不特定多数の人を募るクラウドソーシングという点では、配車アプリの「ウーバー」などと仕組みは似ています。

日本では始まっていませんが、アメリカでは徒歩で配達することも可能です。

アマゾンがドライバーに支払う報酬条件は、1注文2時間程度で税込み4000円。

ドライバーにとっては、1日5注文10時間程度で月22日働けば、月44万円稼げる計算になります。

アマゾンフレックスは手持ちのアプリでスケジュールに合った時間を選択し、配達ステーションで荷物をピックアップ。

アプリでルートを確認しながら配達できるという手軽さがセールスポイントです。

他社と比べて報酬は高くないが、届け先が不在時の場合、ドライバーが再配達する必要がないメリットが特徴です。

ファイズとの契約打ち切りは、「アマゾンがいよいよ、ヤマトでもデリバリープロバイダでもない、“自社物流”の道を歩み始めた」と物流業界では受け止められています。

自社物流を前提に宅配業者に価格調整をしかける可能性があり、どちらが有利に進むかは注目される所です。

ホームセンターのリサーチポイント


ホームセンターは品ぞろえが多く、普通に買い物に行く事も多いと思います。

そのついでに仕入れが出来れば効率はいいと思います。

商品数が多すぎてすべては見れませんのでポイントを絞ってリサーチしましょう。

ワゴンサービスなど見やすい所は仕入れ商品は先に取られている可能性が高いです。

そこで目の届きにくいショーケースの中を見てみましょう。

棚を見る時も中央以外の上や下の棚をみると掘り出しものがある場合があります。

ホームセンターの仕入れ注意点


セール商品を仕入れる際には注意が必要です。

商品に傷がある場合や箱に痛みがある場合もあります。

目立たない場所の傷もあるので、店員に確認する方が無難でしょう。

後、チェーンの場合は一斉に売り出している場合もあるのでその店だけのセールなのかも確認しましょう。

ホームセンターの仕入れまとめ


今回はホームセンター仕入れについて説明しました。

もし時間の余裕があれば、普段みる事のないカテゴリーもみてみましょう。

ライバルが少なく掘り出しものが見つかる場合もあるので先入観を捨ててみてみましょう。

期間限定割引商品の紹介


梅雨時期応援!米国西海岸ポートランド発ブランド『スタンダード・パシフィック』、6月限定クーポンでフィールドリュックサックなど5商品が5000円OFFとなるキャンペーン実施中です!

Standard Pacific公式オンラインショップでは、梅雨時期応援特別キャンペーンを実施いたします。

6月限定クーポンコードご利用で、レインカバー付きで雨の日にも安心の「フィールドリュックサック」を含む5商品を5,000円OFFでご購入いただけます。

6月限定クーポンコード:JUNE2019
※おひとり様何点でもご購入いただけます。

↓詳細はこちらです↓

本日は以上です。

また、お会いしましょう!

ライン登録者で稼げる仲間が続出中!!
↓↓↓
友だち追加

-仕入れ

Copyright© 月収50万を三か月で稼いだパソコン おんちぐっさんの電脳せどりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.