マインド

電脳せどり 良い結果を残すにはお店選びが8割について!

投稿日:


こんにちわ ぐっさんです!

本日は、金沢シーサイドラインの事故について紹介します。

今年で開業30年、無事故で走り続けてきた新交通システムに想定外の事態が起きました。

6月1日、横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で自動運転の列車が逆走し車止めに衝突、15人の負傷者を出してしまいました。

シーサイドラインは、横浜市南部の新杉田―金沢八景間約11kmを結ぶ新交通システム。

1989年7月5日に開業し、1994年から無人の自動運転を行っています。

2018年3月期の事業報告書によると、2017年度の1日当たり平均利用者数は約5万2400人になります。

事故が起きたのは6月1日の夜。新杉田駅20時15分発並木中央行きの電車(5両編成)が発車する際、本来の進行方向とは逆側に向かって動きだし、停車位置から26.5m離れた車止めに衝突しました。

今後の事故調査で焦点になるとみられるのは、あり得ないはずの逆走に至った原因が車両側の異常なのか、あるいは地上側だったのかという点です。

事故当日は、始発列車として新杉田を5時13分に出発。新杉田―金沢八景間を15往復し、事故を起こした新杉田20時15分発の並木中央行きで運行を終える予定でした。

会社によると、事故発生前の運行中にトラブルは一切なかったようです。

一方、会社によると、車止めに衝突した最後尾車両は列車の後部を示す赤いテールライトを点灯した状態だったとようです。

この点から推測すると、システム自体は進行方向を切り替えて列車が進む方向を正しく認識していたものの、何らかの理由でシステムの指示する方向に進まず逆走したと考えることもできそうです。

無人運転の新交通システムでは、1993年10月に大阪市交通局(当時)の「ニュートラム」住之江公園駅で、停止位置を行きすぎた列車が車止めに衝突、194人が重軽傷を負う事故が発生しました。

無人運転を再開したのは事故から6年以上が経過した2000年でした。

運営会社は4日、運転士による手動運転で同日午前11時に運行を再開すると発表しました。

事故原因の解明が難航していおり無人運転の再開はメドがたっていません。

無人運転の新交通システムは全国に複数存在しています。

万が一のトラブルに対しどのように防御できるかの検討も必要でしょう。

成功者の外食


副業やビジネスを成功させる方は外食をする際も失敗する事はほぼありません。

お店の入ってからメニューを慎重に選らんでいるようでは、失敗するケースは多いでしょう。

つまり時間をかける所を間違っておりお店選びに時間をかけるべきです。

今では、スマホで情報を収集できますのでそちらで確認し予約までしてしまいます。

そうすれば、ほほ失敗する事はないでしょう。

これは飲食だけでなく美容院、服、整体などもそうなります。

80対20の法則

先程の店選びですが80対20の法則にあてはまります。

結果の80%につながる、20%の原因を失敗しない事が大切です。

これでお店選びに時間をかけるのか、メニュー選びに時間をかけるのはどちらがいいか分かるはずです。

残念ながら副業やビジネスで逆の事をしてしまうケースは多いので、一度、現状を見直すのもいいでしょう。

良い結果を残すにはお店選びが8割についてのまとめ

今回はお店選びから考える法則について説明しました。

しっかりとお店選び(ビジネスモデル)を時間をかけて選ぶ事が重要になります

最初からボタンのかけ間違えをしないよう注意しましょう!

楽天セールの割引商品紹介


楽天スーパーセールが6月4日より開催されます。

下記の商品のように半額になるものも多くあるようです。

仕入れの参考にして下さい。

↓詳細はこちらです↓

本日は以上です。

また、お会いしましょう!

ライン登録者で稼げる仲間が続出中!!
↓↓↓
友だち追加

-マインド

Copyright© 月収50万を三か月で稼いだパソコン おんちぐっさんの電脳せどりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.