マインド

電脳せどり 情報時代では情報の価値がなくなっていく事について。

投稿日:


こんにちわ ぐっさんです!

本日は日本とドイツの労働時間の
違いについて紹介します。

日本よりも労働時間が圧倒的に短いドイツ。にもかかわらず、名目GDP(2017年度)は世界4位にいます。

日本とドイツはどちらも物づくりに強い経済大国です。

しかしその働き方には天と地ほどの違いがあります。

OECDによると、ドイツの労働者1人あたりの2017年の年間労働時間は、1356時間で、日本(1710時間)よりも約21%短いです。

彼らが働く時間は、日本人よりも毎年354時間短いことになります。

なぜドイツの労働時間は大幅に短い理由は、法律にあります。

ドイツ政府は、勤労者の健康を守るために、労働時間についての法律による縛りを日本よりもはるかに厳しいです。

ドイツの労働時間法によると、1日の労働時間は原則として8時間を超えてはいけません。

1日あたりの労働時間は10時間まで延長できるが、ほかの日の労働時間を短くすることによって、6カ月間の平均労働時間を、1日あたり8時間以下にしなくてはなりません。

1日につき10時間を超える労働は、禁止されています。

この上限については例外はありえず、「繁忙期だから」とか、「客からの注文が急に増えたから」という言い訳は通用しません。

経営者は、業務が増えそうだと思ったら、社員1人あたりの1日の労働時間が10時間を超えないように、社員の数を増やす事が必要です。

さらに、監督官庁による労働時間の監視が日本よりも厳しくなっています。

事業所監督局という役所が時折抜き打ちで、企業の社員の労働時間の記録を検査します。

その結果、企業が社員を組織的に毎日10時間を超えて働かせていることが判明した場合、事業所監督局は、企業に対して最高1万5000ユーロ(約195万円)の罰金を科すことができます。

社員が労働条件の改善を要求しても経営者が対応しない場合には、社員が事業所監督局に通報することもよくあります。

幼い子どもを抱える社員の間では、ホーム・オフィスは好評です。

「毎週金曜日は、ホーム・オフィス」と決めている社員も少なくありません。

1990年代までドイツでは、社員に対して「午前9時から午後3時までは、オフィスにいる義務」を課す企業が多かったが、最近では「オフィスにいなくても、成果が上がればよい」と考えるのが当たり前になっています。

ドイツの成功している理由は国の管
理が徹底されている事でその為に
無駄な時間を省く事が重要です。

特に無駄な会議をする日本としない
ドイツでは時間と効率で大きく差が
でています。

いらない会議を無くしてやらなくて
いい仕事を増やさな事がドイツに近
づく為に必要でしょう。

情報社会の状況


現在の情報量は10年前に比べ約
600倍になっています。

ところが、私達が処理できる情報量
はほぼ変化がありません。

さらに、求めている情報の寮も変化
はありません。

つまり需要と供給のバランスが崩れ
ているので、情報の価値はどんどん
下がっていく傾向です。

それではどのような事が価値が出て
くるのか紹介していきます。

情報社会に価値があるもの

情報量が増えると私達は何を望むの
か考えると答えは出てきます。

そこで出てくるのは情報をまとめる
という事になってきます。

検索サービスをまとめるNAVER
まとめなどはその代表のひとつに
なります。

グーグルやヤフーのように自動的に
情報を収集するより手動でまとめる
事により同じ価値観を持つ人にとっ
ては評価の高いサービスになります

このような作業をする仕事をキュレ
ーターといい今後も伸び続けていく
と思われます。

情報時代のまとめ

今回は情報時代に価値があるものに
ついて紹介しました。

情報の収集を工夫していく事で無駄
を省く事ができます。

まずは入ってくる情報に制限を持た
せ情報量を減らしていく事から始め
ていくといいでしょう。

イベントと限定商品の紹介


【5/11(土)21:00~】機動戦士ガンダム×楽天イーグルスコラボガンプラを発売!「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」と楽天イーグルスがコラボレーションした「HG RX-78-2 GUNDAM イーグルス Ver.」がついにオンラインショップに登場!
数量限定のため、この機会をお見逃しなく!
グッショップ各店でも大好評だった「機動戦士ガンダム HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM EAGLES Ver.」と「HG 1/144 MS-06SザクⅡ EAGLES Ver.」はどちらも数量限定です。

↓詳細はこちらです↓


本日は以上です。

また、お会いしましょう!

ライン登録者で稼げる仲間が続出中!!
↓↓↓
友だち追加

-マインド

Copyright© 月収50万を三か月で稼いだパソコン おんちぐっさんの電脳せどりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.